尾てい骨骨折

ちょっと前に仕事の現場で、少し高い所から落ちてしまいました。
前から落ちたので脇腹の辺りを擦り剥いたり、腕に張りが出たのですが5日くらいでほぼ良くなりました。
ただ、地味に痛みが残っている部分があります。
それが尾てい骨の辺り。

「地味に」というのは触ると痛いとかいう感じではなく、車の運転など深くシートに座ると違和感がある感じ。
そして長時間運転などがちょっと辛い。
前かがみの姿勢で運転したりしています。

とりあえず分からないので整体には行ってみましたが、特に変わりがないようです。
これって尾てい骨の骨折なんでしょうか?

骨折なら座るのも辛いほど痛いものと思っていましたが、調べてみると意外と尾てい骨の骨折ってあるみたいですね。
ヒビが入るくらいなんでしょうが、ネットで調べてみたら坂上忍さんや、しょこたん(中川翔子)も経験しているみたい。

そして分かったのが、レントゲンで尾てい骨って骨折が判明しても場所が場所だけに何もできないらしいですね。
自然に骨がくっつくのを待つしかないらしいです。

何もできないなら原因を特定しても仕方ないと思って、私は病院には行っていません。

とりあえず地味な痛みなので、1か月くらいだましながら様子をみたいと思います。

カテゴリー: 健康情報 | タグ: , | コメントする

南雲吉則 アンチエイジング

ジョブチューン(TBS系)より、南雲吉則先生のアンチエイジングのポイント9をメモ。
南雲吉則先生は1日1食の食生活で、とても57歳には見えない若返り法(アンチエイジング)を実践され紹介されているお医者さんです。

1.夜10時から2時の間は寝る。
成長ホルモンが出る時間だから。

2.水のシャワーを浴びる。
お湯のシャワーよりも冷たい水の方が脂肪が燃えやすくなる。

3.日の出を拝む。
体内時計とリセットする。

4.朝食はキシリトールガム1個
唾液が出て、排泄効果がアップするみたいです。たぶんそんな話だったような。

5.出勤時はサングラス&日傘を使用。
昼間の紫外線は良くない。

6.大股、早歩きウォーキング
南雲先生は徒歩で出勤していて、その際には大股、早歩きでウォーキング。約15分。

7.デスクワークは常に貧乏ゆすり。
デスクワークは血液の流れが悪くなってしまうので、貧乏ゆすりでふくらはぎのポンプを動かし血流を良くする。

8.おやつ三種の神器
小魚、ナッツ、くだもの。果物は皮ごと食べる。午後1時頃に食べるそうです。

9.夕食
夜8時に食べる夕食は、1日で唯一の食事でお腹もすいているので好きな物を食べて欲望を解放する。
この日は、イワシの塩焼きやおにぎり、焼酎のごぼう茶割りなどを食べていました。

カテゴリー: 健康情報 | タグ: , | コメントする

すい臓がん 症状

九重親方(元横綱・千代の富士)死去のニュースはビックリしました。
61歳とまだ若いし、体調が悪いとは知りませんでした。

死因はすい臓がんだったらしいですが、すい臓がんとはどんな病気なのか調べてみました。

■すい臓がんは見つかりにくい

すい臓がんは症状が分かりにくく、見つかりにくい病気らしいですね。
すい臓という臓器は胃や肝臓の奥にあるというもの見つかりにくい原因の一つのようです。

九重親方も定期健診で見つかったらしいですね。
九重親方の場合、早期発見だったという話ですが、それでも転移などがあってこのような結果になってしまったようです。

■すい臓がんの生存率

すい臓がんは見つかりにくいガンということで生存率も低い怖いガンだそうです。
5年生存率は10~20%程度だそうです。

九重親方は早期だったのに、それでも助からなかったということを考えると本当に怖い。

■すい臓がんの症状

すい臓がんは症状が出にくく、自分で気づくのは難しいガンのようです。
それでも、症状を知れべてみると胃のあたりや背中が重苦しいとか、何となくおなかの調子がよくない。食欲がないなどという症状がみられるそうです。
このような症状は、正直日常でもたまにある症状。これがすい臓がんとはなかなか気づくのは難しいようです。

カテゴリー: がん | タグ: | コメントする

BMIとは

健康診断を受けると私が必ず注意されるのが肥満度です。

身長に対してどれだけ太っているのか。
その目安を具体的な数値で表したのがBMI(Body mass index)という指数です。

■BMIの計算方法

BMIは身長の二乗に対する体重の比で計算します。

BMI指数=体重(kg)÷(身長(m)× 身長(m))

■BMIから見る肥満度

BMI指数から次のような目安で肥満度をチェックすることができます。

BMI:18.5未満 やせ型
BMI:18.5以上25未満 普通
BMI:25以上30未満 肥満度1
BMI:30以上35未満 肥満度2
BMI:35以上40未満 肥満度3
BMI:40以上 肥満度4

■理想のBMI

BMIは高いと肥満(太っている)ということになりますが、逆に低すぎて痩せていても良いということでもありません。
最も病気にかかりにくい理想のBMI指数は22と言われています。

カテゴリー: 健康情報 | タグ: | コメントする

がん予防 食べ物

水上治先生おすすめのがん予防の食べ物。

ニンニク
ブロッコリーの新芽
エノキ茸
ブナシメジ

特にエノキ茸ブナシメジを推奨していました。

これらの食品にはβグルタンという成分が含まれていて、がんの免疫力を高めると国立がんセンターからも発表されているそうです。

おすすめの食べ方は焼いたり炒めたりした料理。
オリーブオイルを使ったアヒージョがおすすめだそうです。

カテゴリー: がん | タグ: | コメントする

胃がん予防 野菜ジュース

胃がん予防には野菜ジュースが良いそうです。

野菜ジュースに含まれるカリウムが腎臓から出る塩分を分解する作用が胃がん予防に繋がるそうです。

野菜ジュースならコンビニでも手軽に買えますからいいですね。
青汁とかでも良いそうです。

カテゴリー: がん | タグ: , | コメントする

コーヒー 糖尿病予防

コーヒーには健康に色々と良い効果(効能)があるのは間違いないようですね。
その中の一つに糖尿病予防の効果もあるそうです。

糖尿病予備軍の私にとっては興味深い!

糖尿病予備軍にとって共通的な悩みが肥満。
コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸は脂肪燃焼効果や血糖値を下げる効果があるそうです。

ただ少し気になったのが、色々調べてみると糖尿病予備軍には効果が期待できる一方、糖尿病を既に発症してしまった人には注意が必要という話もあるそうです。

糖尿病を発症してしまった人はカフェインの摂りすぎは良くないらしく、コーヒーの飲み過ぎには気を付けた方が良いみたいです。

カテゴリー: 糖尿病 | タグ: , | コメントする

コーヒー がん予防

ジョブチューン(TBS)で見た、がん予防情報です。

紹介していたのは水上治先生。

去年、国立がんセンターが発表したがんに最もお勧めの飲み物は「コーヒー」だそうです。
コーヒーに含まれるクロロゲン酸ががん予防に効果があることが分かっているそうです。

じゃ、どれくらいコーヒーを飲めばいいのか?

毎日2杯飲むと、乳がん、子宮がん予、大腸がん予防に効果的。
毎日3杯以上飲むと、喉頭がん、咽頭がん、肝臓がん予防に効果が期待できるそうです。

そして、コーヒーはホットでもアイスでも缶コーヒーでもインスタントでもなんでもOKだそうです。

コーヒーは毎日飲むことで、毎日薬を飲んでいるのに匹敵するほど効果的な飲み物だそうです。

今日からは毎日コーヒーをがんがん飲んで行こうと思います。

カテゴリー: がん | タグ: , | コメントする

もどきご飯

ジョブチューンで紹介していた「もどきご飯」
これ、糖質制限にはもってこいですね。

もどきご飯の著者は銅冶英雄先生。
もう何年もご飯(お米)を食べていないそうです。

もどきご飯はその名のとおり、ご飯もどきのご飯。
ご飯の代わりに、卵やカリフラワー、とうふなど色々な食材をご飯のようにして食べる方法。

ご飯じゃないのにご飯のよう。
だから「もどきご飯」

ご飯に比べて低カロリーで糖質でもないので痩せるんですね。

カテゴリー: ダイエット | タグ: , | コメントする

クーラー病

「クーラー病」という言葉があるんですね。
もちろん正式な病名ではありませんが。

実は、私も思い当たる節が・・・・

クーラー病は、その名のとおりクーラーに当たりすぎて起こってしまう様々な症状。

体表的な症状は、足腰の冷え、肩こり、頭痛、手足の疲労感、神経痛、食欲不振、生理不順など
夏バテの原因ですね。

私の場合感じるのは、朝方のだるさですね。
一晩クーラーの効いた部屋で寝ていると、涼しいのとは引き換えにだるさ、疲れを感じます。

夏場でも扇風機だけで寝ているという人も多いと思いますが、私はクーラー派です。
やっぱり熱中症は怖いですし、さすがに真夏は扇風機だけだと汗をかいて気持ち悪い。
なのでクーラーをつけて寝ていますが、引き換えに疲れを感じる時があるんすよね。

クーラー病対策としての方法はいくつかあるようです。

・室温を下げ過ぎない。外気温より5度以内が目安だそうです。

・クーラーの風を直接当てない

・冷たいものを食べ過ぎない

・毎日湯船のお風呂につかる

・適度な運動

・お腹を冷やさない

この中で、私に心当たりがあるのは湯船のお風呂ですね。
ほとんど毎日シャワーしか浴びてません。
平日は面倒というのもあって湯船のお風呂に入るのは週末くらい。

これはダメですね。
夏でもきちんと湯船のお風呂に入るのが大事なんですね。
気を付けようと思います。

カテゴリー: 健康情報 | タグ: , | コメントする