痛風 尿酸値

痛風かどうかの目安となるのが尿酸値です。
健康診断を受けたら尿酸値をチェックしてみてください。

この尿酸値7以上になっていたら危険です。
数値上は痛風です。いつ発作が起きてもおかしくありません。

痛風の厄介なところは発作が起きないと全く自覚がないことです。
尿酸値が7を超えていても発作が起きていなければ痛くありませんから、自覚はないのは当然です。
私がそうでした。

そして発作は突然やってきます。
突然やってきて歩けなくなります。

恐らく、今は何ともなくても実は尿酸値が7を超えていて、いつ発作を起こしてもおかしくない痛風予備軍はたくさんいるはずです。
発作が起きる前に尿酸値をチェックしてみてください。

誠 について

昭和48年生まれ 福島県出身 体形:典型的なメタボ 持病:血圧やや高め、中性脂肪要注意、痛風、腰痛 今はまだ40代ですがダイエットしないと生活習慣病がヤバイです。 しかし今まで挑戦したダイエットは数知れず。 リバウンドも何度も経験。 20代の頃は気にしていなかった健康も、40代になっていよいよ健康診断で引っかかるようになり、 色々健康に気を付けなければならないと自覚はしているのですが・・・ そんな状況で健康に関する知識も色々勉強しながら長生きしたいと思っています。 病気になると家族や仕事などで色々な人に迷惑をかけますからね。
カテゴリー: 腰痛 タグ: , パーマリンク