プリン体の多い食品一覧

痛風にとって悪役とされる存在「プリン体」ですが、実際にどんな食品に多く含まれているのが調べてみました。

干しシイタケ、レバー、カツオ、イワシ、エビ
これらは100g当たりの含有量200mg以上で多い食品となるようです。

魚系は特に干物になるとプリン体が一気に増えるようです。
煮干しや鰹節になると400mg以上になるみたいです。

あんこうの肝(酒蒸し)やイサキの白子などの珍味系も高いようです。

一方、個人的に気になるビール類ですが、調べてみると3~7mg程度。
350mlの缶サイズに換算すると24mg程度。
そんなに多くないみたいです。

やはり「痛風=ビールが悪い」というイメージは、都市伝説に近いようです。

ただしビールなどのお酒を飲むと、それに伴うおつまみなどの食事も伴うので、総合的に考えるとプリン体の多い食事になりがちなのかも知れません。
干物とか珍味とかお酒に合いますからね~

誠 について

昭和48年生まれ 福島県出身 体形:典型的なメタボ 持病:血圧やや高め、中性脂肪要注意、痛風、腰痛 今はまだ40代ですがダイエットしないと生活習慣病がヤバイです。 しかし今まで挑戦したダイエットは数知れず。 リバウンドも何度も経験。 20代の頃は気にしていなかった健康も、40代になっていよいよ健康診断で引っかかるようになり、 色々健康に気を付けなければならないと自覚はしているのですが・・・ そんな状況で健康に関する知識も色々勉強しながら長生きしたいと思っています。 病気になると家族や仕事などで色々な人に迷惑をかけますからね。
カテゴリー: 痛風, 食事・栄養 タグ: パーマリンク