腸内フローラとは

最近、テレビで腸内フローラという言葉をよく見かけます。
腸内フローラってナニ?って思ったので、改めて調べてみました。

人間の腸内にはたくさんの菌が住みついているそうです。
腸内に住みついている菌は腸内に壁を作るように生息していて、その様子が花畑のようだと例えられ「腸内フローラ」と呼ばれているそうです。
フローラとはラテン語で、ローマ神話の花と豊穣(ほうじょう)と春の女神という意味だそうです。

ところで「菌」というとバイキンをイメージして悪い印象を感じるかも知れませんが、菌は何も悪い菌だけではないんですね。
代表的なのはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌。これらは体に良い菌です。
一方で体に有害な菌は悪玉菌に分類されます。

健康に良いのは、当然善玉菌が優勢な状態です。
しかし悪玉菌が多くなると体調を崩してしまいます。
腸内フローラとは善玉菌を増やし善玉菌が優勢な腸の状態を作ることのようですね。

誠 について

昭和48年生まれ 福島県出身 体形:典型的なメタボ 持病:血圧やや高め、中性脂肪要注意、痛風、腰痛 今はまだ40代ですがダイエットしないと生活習慣病がヤバイです。 しかし今まで挑戦したダイエットは数知れず。 リバウンドも何度も経験。 20代の頃は気にしていなかった健康も、40代になっていよいよ健康診断で引っかかるようになり、 色々健康に気を付けなければならないと自覚はしているのですが・・・ そんな状況で健康に関する知識も色々勉強しながら長生きしたいと思っています。 病気になると家族や仕事などで色々な人に迷惑をかけますからね。
カテゴリー: 健康情報 タグ: パーマリンク