ガン保険とは

ガン保険は、もしもガンが見つかった時のための保険というのは分かりますが、もう少し詳しく勉強してみました。

■ガン保険はどんな時に給付されるのか

ガン保険が給付されるタイミングはこのようなパターンが一般的なようです。

・ガンと診断された時
・ガン治療のための入院費
・手術
・抗がん剤治療などの通院費

■ガンと診断された時点でもらえる診断給付金

医療保険では病気が見つかっただけでは給付金はもらえません。
入院や治療に対して給付されますが。

一方、ガン保険はガンが見つかった時点(診断された時点)で診断給付金がもらえます。
例えば、ガンの診断がされた時点で100万円とか。
これって大きいですよね。

もちろん治療費、手術費、入院費についてもさらた給付があります。

■入院給付金に制限がない

医療保険は、一般的に入院日数が制限されます。
例えば90日間とか180日間とか契約次第ですが。

一方、ガン保険にはそのような制限がない。
何日入院しようが何日通院しようが制限なく給付されるのがガン保険の魅力。

ガンは治療が長引く場合もありますし、再発の可能性もある病気なのでこれは医療保険にはない魅力ですね。

■ガン保険には免責期間がある

医療保険とガン保険との違いに免責期間というのがあるんですね。
医療保険にはありません。契約日からすぐに保険の対象期間になります。

しかし、ガン保険には一般的に90日間の免責期間があり、契約日から90日間の間のガンが見つかった場合は保険金が給付されないそうです。

やっぱり医療保険にはない魅力がガン保険にはあるんですね。

【生命保険】保険見直し本舗新規申込

誠 について

昭和48年生まれ 福島県出身 体形:典型的なメタボ 持病:血圧やや高め、中性脂肪要注意、痛風、腰痛 今はまだ40代ですがダイエットしないと生活習慣病がヤバイです。 しかし今まで挑戦したダイエットは数知れず。 リバウンドも何度も経験。 20代の頃は気にしていなかった健康も、40代になっていよいよ健康診断で引っかかるようになり、 色々健康に気を付けなければならないと自覚はしているのですが・・・ そんな状況で健康に関する知識も色々勉強しながら長生きしたいと思っています。 病気になると家族や仕事などで色々な人に迷惑をかけますからね。
カテゴリー: がん, 保険 タグ: パーマリンク