コレステロール 卵

コレステロール値が高くなると動脈硬化の危険性が高まり健康に良くないというのは、一般的な常識だと思います。

じゃコレステロール値を上げる原因って?

主に食事とイメージする人が多いと思います。
特に「卵」はコレステロール値が高いというイメージありませんか?

私は、どこで聞いたのか分かりませんがそんな思い込みがありました。

でもよく調べてみると”卵 = コレステロール値を上げる”という常識は誤った都市伝説のようです。

人間は毎日、体内で代謝するコレステロール量を調整しているので、食事から摂取するコレステロールが体内のコレステロール値を上げるわけではないそうです。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2005版」でも1日2~3個の卵を食べても問題ないと解説されているそうです。
雑誌で読んだ情報だと健康な人なら1日6個食べても問題ないそうです。

1日6個の卵を食べることは、そんなにないでしょうから、普通の食事で卵を食べるのは全く心配ないと理解して問題なさそうです。



誠 について

昭和48年生まれ 福島県出身 体形:典型的なメタボ 持病:血圧やや高め、中性脂肪要注意、痛風、腰痛 今はまだ40代ですがダイエットしないと生活習慣病がヤバイです。 しかし今まで挑戦したダイエットは数知れず。 リバウンドも何度も経験。 20代の頃は気にしていなかった健康も、40代になっていよいよ健康診断で引っかかるようになり、 色々健康に気を付けなければならないと自覚はしているのですが・・・ そんな状況で健康に関する知識も色々勉強しながら長生きしたいと思っています。 病気になると家族や仕事などで色々な人に迷惑をかけますからね。
カテゴリー: 生活習慣病, 食事・栄養 タグ: , パーマリンク