クーラー病

「クーラー病」という言葉があるんですね。
もちろん正式な病名ではありませんが。

実は、私も思い当たる節が・・・・

クーラー病は、その名のとおりクーラーに当たりすぎて起こってしまう様々な症状。

体表的な症状は、足腰の冷え、肩こり、頭痛、手足の疲労感、神経痛、食欲不振、生理不順など
夏バテの原因ですね。

私の場合感じるのは、朝方のだるさですね。
一晩クーラーの効いた部屋で寝ていると、涼しいのとは引き換えにだるさ、疲れを感じます。

夏場でも扇風機だけで寝ているという人も多いと思いますが、私はクーラー派です。
やっぱり熱中症は怖いですし、さすがに真夏は扇風機だけだと汗をかいて気持ち悪い。
なのでクーラーをつけて寝ていますが、引き換えに疲れを感じる時があるんすよね。

クーラー病対策としての方法はいくつかあるようです。

・室温を下げ過ぎない。外気温より5度以内が目安だそうです。

・クーラーの風を直接当てない

・冷たいものを食べ過ぎない

・毎日湯船のお風呂につかる

・適度な運動

・お腹を冷やさない

この中で、私に心当たりがあるのは湯船のお風呂ですね。
ほとんど毎日シャワーしか浴びてません。
平日は面倒というのもあって湯船のお風呂に入るのは週末くらい。

これはダメですね。
夏でもきちんと湯船のお風呂に入るのが大事なんですね。
気を付けようと思います。

誠 について

昭和48年生まれ 福島県出身 体形:典型的なメタボ 持病:血圧やや高め、中性脂肪要注意、痛風、腰痛 今はまだ40代ですがダイエットしないと生活習慣病がヤバイです。 しかし今まで挑戦したダイエットは数知れず。 リバウンドも何度も経験。 20代の頃は気にしていなかった健康も、40代になっていよいよ健康診断で引っかかるようになり、 色々健康に気を付けなければならないと自覚はしているのですが・・・ そんな状況で健康に関する知識も色々勉強しながら長生きしたいと思っています。 病気になると家族や仕事などで色々な人に迷惑をかけますからね。
カテゴリー: 健康情報 タグ: , パーマリンク